カートの中身を見る⇒

名称:ワイルドアーモンド 重量:Net 200g 原材料:ワイルドアーモンド、塩(ラオス産)保存方法:直射日光・高温多湿を避け、涼しいところで保存しできるだけ早くお召し上がりください。

原産国名:ラオス人民民主共和国
製造者:株式会社丸杉 愛知県安城市御幸本町7番15号

Wild Almonds

ワイルドアーモンド

通称ワイルドアーモンドは、ミネラルや鉄分が豊富で米の栽培が始まる前から森の貴重な栄養源として重宝されていた、ラオスが原産の山岳民族が愛する木の実です。 体を温め、鼻炎や喘息に良く効くと言われたり、鉄分とカルシウムが多いことから葉や骨の健康な維持に役立つと言われています。 種子から出る油のみで固めた特殊なフリカケです。 ヘルシーフードとして、パン作りの健康な油脂として、香り高い特殊なフリカケとして役立ちます。

¥2,800

/1袋 Net200g(消費税・国内送料別)

注文個数

本商品は予約販売品です。次回発送は11月頃を予定しています
正確な日時の指定はできませんので、自然の実りをゆっくりと待っていただけれる方のみご予約ください。ワイルドアーモンドは年のうち10月~1月程度までが時期です。それ以降や以前の発送は出来かねますのでご了承ください。

特徴

自然の甘味と香ばしさ

ワイルドアーモンドはご飯にふりかけると非常に香ばしい香りがただよってきて、自然の美味しい甘味を与えてくれます

山の恵み

ワイルドアーモンドは栽培されず自然に実っている山から採取されます。そのため本当の自然の恵みをいただくことができる貴重な食です。

骨をつくり脳を活性する

現地では骨を作ったり脳を活性させるといわれているスーパーフード。

こんな方にお勧め

ワイルドアーモンドは山から拾い集める木の実なので、最も自然の食といえます。日本では馴染みがない食材だからこそ試していただきたい山岳民族のスーパーフードです。

山岳民族の愛する原始の食

ワイルドアーモンドとは?

Iringia malayana 通称ワイルドアーモンドは、米の栽培が始まる前から森の貴重な栄養源として重宝されていた、ラオスが原産の山岳民族が愛するスーパーフードです。

この木が育つ周りでは農作物がよく育つと言われていて、森を豊かに保つ大切な木と言えます。現地の人は、生で食べるか煎って食べることが多いですが、南部のシノムノー村では保存してふりかけとして食する文化が残っています。今回はその保存食としてのワイルドアーモンドをお届けします。

人との木から実をつけるには20年以上かかると言われているため、栽培はされず全て自然になったものを森から見つけ出し作られた、本当に野生の力を宿した食品です。また1年に1度、一つの木からわずかこの塊が30前後しか作れないため非常に貴重な食品となっています。
採集機関は10月から1月頃までの期間限定品です

 

不飽和脂肪酸や鉄分も

ワイルドアーモンドの成分

ワイルドアーモンドにはココナッツヤシと同じようにパルチミン酸などの飽和脂肪酸に加え、コレステロールを減らすと言われるオメガ9のオレイン酸、血糖値を下げると言われるオメガ7のパルミトリン酸などの不飽和脂肪酸が含まれています。
また、カルシウムや鉄分も多く含まれていて、特に鉄分はひじき以上と言われています。

 

老若男女大好きワイルドアーモンドご飯

現地の使い方

現地で老若男女問わず愛されるワイルドアーモンドは、そのままナッツとしていただくことが多いですが、シノムノー村では本製品のように叩いて固めたものも時々見かけます。使い方は、温かいご飯に削り入れて温めていただくだけ。加温することで香ばしく甘いふりかけとなります。
また現地では、脳や心臓、腎臓への栄養をあたえ、鼻炎や喘息の治療にも役立つと言われています。

 

山からとってくる本当の自然の恵み

作り方

ワイルドアーモンドはまず山に木の実を取りに行くところから始まります。1つの木から採れるのは商品のように固めた状態で30個ほど。それも年に1回の実りなのでいかに貴重かがわかります。
採取した木の実は一つづつ固い実を割り乾燥させたのち、薄皮をはがしていきます。白い実だけになると、それを焙煎して香ばしさと甘さを高めていきます。焙煎が終わったら、適量をたたき砕いていきます。十分にたたき続けると木の実から天然の油が出て液体に近くなってきます。そこに少し塩を入れて味を整え型にいれてかためたら完成。

塩はラオスの地下1000mの空洞からくみ上げた数億年も昔の天然塩を使用しています。

 

ワイルドアーモンドの使い方

※写真は現在ありません。近日中にアップする予定です

ご飯のお供にふりかけとして

 

和え物やサラダのトッピングに

 

ヘルシーなパンやお菓子作りの材料に

 

コーヒーに振りかけて

育つのに20年かかるワイルドアーモンドもキャッサバ畑に変わり始めてます。
だから伐ってしまったら植えたりしないでしょう。
年々減るワイルドアーモンドに価値があれば木を切らずにすみます。
Mr Won
森の案内人

\シェアする/

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on telegram
Share on email